読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財渉外にて

2008年3月~2014年9月までの間、知財渉外ネタを中心に書いてきました。

ビジネス

『5年後、メディアは稼げるか』

Google+で紹介されていた、こちらの記事を読んで興味を持ったのと、「今であれば、Kindleのセールでかなり安くなっています!」とに惹かれてそのままAmazonに飛び、Kindle版を購入、出張中の往復でほぼ読了。5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?作…

スキルの定義

「はじめての経営学」を読んでいる。色々示唆があって面白いのだが、あとから振り返るためのメモエントリーを幾つか。はじめての経営学―日本を代表する経営学者による誌上ビジネススクール作者: 東洋経済新報社,東経=出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日:…

『良い戦略、悪い戦略』

知財管理の4月号で紹介されていたのを見て即買い、即読了。良い戦略、悪い戦略作者: リチャード・P・ルメルト,村井章子出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2012/06/23メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 78回この商品を含むブログ (15件) を見る…

読了:起業のファイナンス

磯崎哲也(@isologue)さんの『起業のファイナンス』、読了しました。起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと作者: 磯崎哲也出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2010/09/30メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 28人 クリック: 696回この…

中南米ビジネス

モントリオールもいいかげん遠かったが(バンクーバーまで9時間弱、国内線に乗り換えてさらに5時間半)、地球の裏側、南米になるともっと遠くてさっぱりイメージがわかない。中南米にも参入を考えるから、商標取っといてね。と簡単に言われても、一体どこに…

『ビジネス書』のトリセツ

久しぶりに大型書店に行って、久し振りにビジネス書を大量に購入した。ここのところとてもこの手の本を読む気力がなかったので、かなり回復したと言えるのではないか。さて、順に読んでいるのだが、最初に読んだのは、『ビジネス書』のトリセツという本であ…

アメリカ後の世界

書店の新刊コーナーで見つけて興味を惹かれた本。アメリカ後の世界作者: ファリード・ザカリア出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2008/12/17メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を含むブログ (12件) を見る 全米ベストセラーという帯のあおり文句と、前…

独創を貫く経営

先日、とあるセミナーで林原グループの林原生物化学研究所の方の話を聞く機会があり(と言ってもパネルディスカッションでの短いものだったのだが)、その中で社長の林原氏の著作を紹介された。講演の中に出てきた経営・事業ポリシーが大変興味深かったので、図…