読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財渉外にて

2008年3月~2014年9月までの間、知財渉外ネタを中心に書いてきました。

記録・ログのために使っているアプリなど

Review

iPhoneも導入して、こけつまろびつながら記録を行っている。どんな風に、というのをそれこそ現時点での記録という意味でまとめておく。

睡眠ログ。Evernoteへワンプッシュで送れると紹介記事で見て購入したらiPadではボタンが表示されなくて無理だった。iPhoneからみたらごくごく普通に設定できてかなりほっとした。入眠を観測し、設定時間までの30分間のなかで睡眠が浅いところを狙って起こしてくれる、という触れ込み。でも30分前からフェイドインして鳴り続けている気がする(そのうち気づく)。

移動のログ。アプリを起動してからiPhoneさえ持ち歩いていればバックグラウンドで移動を観測して記録してくれる。タイムトラッキングでいちいち自分で記録するのは結構面倒なのでかなり嬉しい。そして見ていて楽しい(これ重要)。残念ながら外部にログを送る機能はついていないみたい。

タイムトラッキングの「toggle」。仕事中については別途工数管理を行う必要性があるので、プライベート部分だけ。これまでiPad miniを持ち歩いてアプリから入力したり、自室ではPCから入力したりしていた。iPhoneにもアプリがあるので、この方法も加わった。過去の記録の続行ができるので、パターン化してしまえばいちいち入力することもなくワンプッシュでOK。レポート機能で簡単に分析してくれるので苦労要らず。

先日、Twitterで、プライベートこそログが効果ありそうですねとリプライをもらったのだが、その通りで、なんとなく時間を使っていて、このくらいだろうと根拠なく見積もっていたものが実績として見えてくると、次に時間の使い方を考えるようになる(、はず。まだこれから)。

何度かブログ上でも言及したが、思ったことをその場で書き留める一人Tweetのような瞬間日記。一日分をまとめてEvernoteにメールで送っている。今のところ、食事の記録もここに取っている。できるだけ写真を添えようと思っているのだけれど、忘れることが多い。習慣化の道は遠いぞ。

このほか、ScanSnap S1500を持っているので、その日のレシートは(忘れなければ)その日のうちにスキャンして、ScanSnap Organizer内の「オフィス機能」を使って直接Evernoteへ送っている。レシートは、いくら使ったかという情報だけ家計簿に入力すれば後は不要だと思い込んでいたのだけれど、先日読んだ「書類整理ハックス」の中で、レシートは情報の宝庫なので、スキャンしてEvernoteに入れておく方がよい、という趣旨のことを読み、なるほど、と思ったので、そこでのお勧めに従って、とりあえず毎日こまめにスキャンして放り込んでいる。家計簿ソフトは挫折して久しいのだが、とりあえずレシートが紙の状態で貯まると収集がつかなくなって見るたびに嫌になりある日ちゃぶ台をひっくり返して全部捨ててしまうということを何度も繰り返したので、もうそれだけは二度と起こらないと思うとそれだけで精神的なストレスが軽減されていたりする(これ重要)。

デジタルでスッキリする 書類整理ハックス

デジタルでスッキリする 書類整理ハックス

また、レシートだけでなく、子どもたちの学校関係のプリントとかも同様にスキャンして紙は捨てている。保護者会などの案内も、EvernoteにSmartEverのタグをつけて保存し、iPhoneから簡単に見られるように。大きな画面で見たいときは、iPad miniのEvernoteアプリからアクセス。これまで外出の際に案内や地図とかも印刷して持ち歩いていたのだけれど、全部Evernoteに集約。地図もあるんだし(でも慣れなくて良く迷うけど)。

で、こうした記録類を見てだからどうするんだ、というのが次の段階なんだけど、そこはまだ考慮中。基本的には測るだけダイエットと同じで、記録するだけで質の向上は見込めるのと、私にとって重要な日々の安心感とかストレスの低減には確実に貢献しそう。もう少し長いスパンでの安心感につなげるためにどう使うかというのをしばらくやりながら考えるつもり。