読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財渉外にて

2008年3月~2014年9月までの間、知財渉外ネタを中心に書いてきました。

買いました。予定通り。

ガジェット・小物

ちょうど発売日が東京出張だったので、やむなく銀座のアップルストアまで出向き、私の手でもちゃんと片手でホールドできることをしっかり確かめた上で購入。

元々、iPadは、初代、iPad2と持っていて、そこまで解像度へのこだわりがなくて3代目には手を出しておらず、一方で、iPhone 3G、4と買ったものの、docomoの回線が手放せず、という状況で、途中からiPhoneは手放してiPod touch とiPadのWiFi版をdocomoのWiFiルータで使うという形になっていた。

iPadを買った頃は、これで出張はPCを持ち歩かなくてもオッケかな、と思ったりしたのだが、日帰り出張が限界で、泊まりでしっかり仕事をそれでする必要がある(メールやWebの閲覧程度じゃなくて)場合には結局PCを持って歩くことになっていたりした昨今で(途中でレッツノートを新しくしてしまったおかげとも言えるんだけど)、やっぱり会社の環境にアクセスするのはiPadでは辛いということもあり、となると、キーボードを買い足してみたりしたものの、そうなると、さらに重くなって普段持ち歩くには・・・。

一方で、ちょっと取り出して閲覧するには、iPod touchは画面がどうしても小さくて、ポケットに入れたりひょいひょい取り出して使うにはいいのだけれど、(その分うっかり落とす頻度も上がるし)、さらに最近なぜかBluetoothの調子が悪くて音楽がまともに聴けないのが不満になっていた。

ということで、7インチのiPad miniが出るという噂が出た頃から『絶対買い!』と思っていたのだ。今までのパターンだと、発表即オンラインストアで注文、なんだけど、発表のときのいろいろな報道を見て、本当に普段使いに持ち歩ける大きさなのか(自分にとって)を確かめる必要があると思ったので、珍しくぽちるのは我慢して、発売当日まで待ったのだった。

勤務先から昼休みに歩いて行ける距離にも地元のアップルストアがあるので、元々そこに行くつもりだったのだが、たまたま出張になってしまい、そして出張先はたまたま銀座店に歩いて行ける距離だったりしたので、当然ながらルートに組み込んだ次第。

で、夕刻の熱気の中、なんとか実機を触ることが出来、全然問題なく片手で持てる大きさ・軽さであることを確認して、即買いしたというわけで。帰りの新幹線で回線の遅さに泣きつつも大半の設定を済ませて持ち帰った。というのが冒頭の写真で、久しぶりの黒、いつものように64Gモデル。

大体の設定は完了したけれど、一部のクラウド系アプリがまだログイン設定完了していない状態。Kindleも少し迷ったんだけど、jpのアカウントに紐付けして日本語書籍もダウンロードしてみた。当初設定がもの凄く文字の大きさが細かくて焦ったんだけどこれって自在に変更できたのね(今までも.comからDLして読んでたのにデフォルトで全然不満がなかったので知らなかった)。アカウントの統合は色々罠がありそうなのでしばらく見送るつもりだけれど(他にもまあデバイスはあるので)、しばらく日本語でお試しする予定。

昨日少し出かける際に持って出た感じでは、問題なく地下鉄の中で取り出して見ることができたので、おそらく予定通りiPadとiPod touchの両方をiPad miniに置き換え、毎日持ち歩くことで落ち着きそう。これに普通のdocomoケータイとWiFiルータが加わるので多少重いんだけどまあ許容範囲。

iPad2は夫に払い下げの予定で、iPod touchは未定です(初代ともう1台のtouchは息子たちが共有してるんで・・・)。